山王嘉祥祭 和菓子のまつり

ホーム > 山王嘉祥祭 和菓子のまつり

山王嘉祥祭 和菓子のまつり

平成30年6月16日(土)午後1時~

6月16日は「嘉祥」と言って仁明天皇が嘉祥元年(848)神託により、16種の神供(餅、糖菓子、水菓子)を献じ、疫病退散を祈願したのが始まりと言われています。
また、嘉祥菓子は、鎌倉時代に始まったと言われ、江戸時代には嘉定(祥)通宝の嘉通が勝つに通じるの故を以って縁起を喜ばれ、嘉定通宝16文で食物を求めて食し、これを「嘉祥の御祝儀」と呼びました。
この行事は武家の年中行事として広まり、徳川将軍家ではこの日、御目見以上の諸士を江戸城大広間に集めて謁見し、嘉祥菓子を給わりました。これを「嘉祥頂戴」と言いました。

日枝神社では徳川将軍家の産土神であり、嘉祥の御祝儀の6月16日が山王祭期間中に当たることから「嘉祥祭」を行い、美しい日本の気候風土の中で作られ、賞味してきた「伝統の和菓子」を神前に献じ、万民の「疫難退散」と「健康招福」を祈ります。
当日は、東京和菓子協会の技術者が「菓子司」として神前にて和菓子(煉切)を作り奉納します。

大前で披露される伝統の技をどうぞご覧下さい。